Let's 処遇改善等加算トレーニング | 社会保険労務士法人 こどものそら舎は保育分野の専門家の社労士による認定支援機関です

処遇改善等加算Iを施設間で配分したいと考えています。このとき、どの様式に何を記入したらよいでしょうか?

こんにちは!
社会保険労務士法人こどものそら舎です。

今週の『Let's 処遇改善等加算トレーニング』をお届けします。

処遇改善等加算の概要や運用のルール、運用上のお困りごとを
一問一答形式でご案内いたします。

処遇改善等加算について改めて整理し、
理解を深める機会としてぜひご活用ください♪


〓〓〓〓〓〓〓〓〓★[ 問  題 ]★〓〓〓〓〓〓〓〓〓

処遇改善等加算Iを施設間で配分したいと考えています。
このとき、どの様式に何を記入したらよいでしょうか?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



↓解↓答↓解↓説↓は↓こ↓ち↓ら↓へ↓



■━■━■━■━■[ 解答 解説 ]■━■━■━■━■

処遇改善等加算Iを施設間で配分するときは、
「同一事業者内における拠出見込額・受入見込額一覧表」
(別紙様式4別添2)
に、施設間でやりとりする金額を記入します。


「同一事業者内における拠出見込額・受入見込額一覧表」には、
その法人が運営する全ての施設・事業所(特定教育・保育施設
及び特定地域型保育事業所)を記入し、
「どこの施設」から「どこの施設」へ「いくら」移動するのかを
明確に書きましょう。

また、施設間で配分するときは、
「賃金改善計画書(処遇改善等加算I)」(別紙様式4)の
「(3)他施設・事業所への配分等について」にも
それぞれの金額を記入します。

全ての施設において、払い出す額、受け入れる額が正しく
記入することが必要です。


施設間で経験年数や職員数、人件費率などに差がある場合で、
法人内で賃金水準を同じように整えたい場合には、
施設間の配分を活用することもできます。

施設間で配分できる金額の上限は、現時点では定められていません。


★参考:
内閣府他『施設型給付費等に係る処遇改善等加算Iおよび処遇改善等加算IIについて』
(令和3年7月16日改正)

 https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/law/kodomo3houan/pdf/r030719/kaisei_zenbun.pdf


■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■━■



▼△-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-△▼
 社会保険労務士法人こどものそら舎
 〒240-0116 神奈川県三浦郡葉山町下山口1850-2
 TEL :046-854-9401
 FAX :046-854-9402
 MAIL:info@kodomonosora.jp
 URL :https://kodomonosora.jp/
▲▽-*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*-▽▲