こどものそらNEWS | 社会保険労務士法人 こどものそら舎は保育分野の専門家の社労士による認定支援機関です

会計検査院による【企業主導型保育施設に関する処置要求】が公表されました

こんにちは。
社会保険労務士事務所こどものそら舎です。

★会計検査院により企業主導型保育施設に関する検査が行われ、
 【処置要求(内閣総理大臣に対する改善処置の要求)】が公表されました。

会計検査院による今回の検査は、
企業主導型保育施設において「病児保育」や「一時預かり」を実施するとして
助成金を受けた施設に対し、
それらが有効に利用されているか、
病児保育等の実施体制等に対する児童育成協会の審査はどのように行われているか、
などに着眼し検査したものです。

検査をしたところ、
 ・病児保育室等を整備したのに、実施していないケース
 ・病児保育室等を整備したのに、実施を中止したケース(再開予定なし)
が見受けられ、

「実施していない」または「実施を中止した」理由として、
 ・職員の確保についての計画が十分でなく職員の確保ができなかった
 ・当初の採算の見込みが甘く、運営が不可能であると判断した
などが挙げられています。

これは、政府から児童育成協会への審査方針の周知や、
児童育成協会において実施要件等の周知が足りていなかったことが
要因として挙げられています。

そこで、会計検査院は、政府に対して以下の改善措置をとるよう要望しました。

・児童育成協会に対して、
 病児保育等の実施要件等を事業者に十分に周知させ、
 助成金の審査を適切に行うことができる体制を整備させること

・児童育成協会に対して、
 病児保育室等を整備した事業者における病児保育室等の利用実態の把握を十分に行い、
 病児保育室等を整備したのに病児保育等を実施していない事業者に、
 病児保育室等を病児保育等に利用させるように指導する仕組みを整備させること

 

検査の概要及び処置要求の全文は会計検査院のHPに掲載されています。
ぜひご一読ください。

◆検査の概要
https://www.jbaudit.go.jp/pr/kensa/result/2/r021022.html

◆処置要求の全文
https://www.jbaudit.go.jp/pr/kensa/result/2/pdf/21022_zenbun_01.pdf

●○-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*-○●
 社会保険労務士事務所こどものそら舎
 〒240-0116 神奈川県三浦郡葉山町下山口1850-2
 TEL :046-854-9401
 FAX :046-854-9402
 MAIL:info@kodomonosora.jp
 URL :https://kodomonosora.jp/
●○-*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*–*-○●